読者様の人生が好転していくことを願って、メルマガを書いています。

 

メルマガ登録用バナー

 

お読みいただいた方の心に癒やしと気づきがありますように。

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

記憶と出来事の意味

 | , ,  |  | 0

前回(4回目)配信の後、また何人もの方がコメントをメールくださいました。

 

励みになります。ありがとうございます。

 

そして今日は本日書いたブログの中に書いていた「記憶」について脳科学的にもう少し詳しく書かせていただこうと思います。

 

そして本題に入る前にちょっとお知らせです。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

自分の心をどうやって扱っていくのか。

 

心の扱い方をフリートークで楽しく学べるカフェ。

 

心匠 上野大照がエスコートする時間です。

 

こころのオープンカフェ

 

毎月第2金曜日の夜に開催しています。

 

詳細はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/events/128949

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

それでは本題に入りましょうか。

 

先ず先ほど公開したブログ記事で脳科学と記憶のことのついて、ホンの導入部分を書かせていただきました。
どうぞご参照ください。

 

脳科学から見た「今この瞬間」

このメールマガジンでは、私・大照が今まで蓄積してきた知識・情報を少しずつ皆様の日常の為にお届けさせていただいております。

 

特にはNLP、各種心理療法、ブリーフセラピー(短期療法)、コミュニケーション、脳科学、ロゴセラピーなどが専門分野になりますから、そこから出てくる様々な話題提供になっております。

 

そして脳科学から見た「記憶」ということについて、もう少し詳しいことを書かせていただきます。

 

記憶といっても、実際に脳に記憶されていることと、思い出す記憶とに違いがあることはご存知でしょうか。

 

それは何故そうなるかと言えば、脳は過去の記憶の断片をそれぞれ別々のところに記憶しています。

 

大きく分けても五感要素があります。視覚要素、聴覚要素、体感覚要素、嗅覚要素、味覚要素ですよね。

 

それらをそれぞれ、今思いだそうとする記憶と紐付けているだけなのです。

 

ですから、夢で見る人は、それがまるで真実かのように頭が知っている人で身体が動物だったりもするわけです。

 

断片をつなぎ合わせているわけですからね。

 

そしてその統合された記憶が未来に与える影響、それは記憶の「意味」に当たるところです。

 

意味とは即ち、ポジティブなものなのか、ネガティブなものなのかというのが最も単純な分け目です。

 

出来事には、「出来事そのもの」という意味しかないというのが、より真実に近い表現だと私は思っていますが、記憶はそうはいきません。

 

出来事には本人にとって意味があります。記憶は、その「意味」を一緒になって覚えてしまっています。

 

その出来事に対してどのような意味を本人が付けて、どんな感情を抱いたものなのかを記憶しているということなのです。

 

その効果が大きいか小さいは別として、人は出来事の意味を歪曲して記憶しています。

 

知人がタバコを吸うことに対して、私が「ニコチン中毒になると、止めにくいんだよねぇ」と言ったことを、「ニコチン中毒になってたら醜いよねぇ」と言ったと記憶していたと聞いて、ビックリして訂正した覚えがあります。

 

なんで私がそんな酷いこと言うの?(苦笑)と思いましたが、何故かそう記憶してしまっていたのですから、しょうがないことです。

 

そしてこれは朗報です。

 

出来事に付けた意味は、自分の脳が無意識的に付けた意味だという以上の意味はありません。

 

そして自分にとって望ましい記憶の意味は、そのまま残せば良いのです。

 

望ましくない意味がある記憶(例えば自己否定に繋がるような記憶)なのだったら、それは自分の脳が命令もしていないのに、勝手に付けた意味なんだと思ってみると、その記憶から自由になれます。

 

貴方が何故か自分で思ってしまった意味、人から言われたこと、そのどれも「今この瞬間」にまた考えなおして、意味付ければ良いのです。

 

人間は意味を自分の意思で左右できる素晴らしい生き物です。これは本当に宇宙に感謝せざるを得ません。

 

自分を苦しめる出来事の意味があるなら、それから自由になることもできるかもしれないと考えてみてください。

 

それは貴方の未来を少し変えてくれるかもしれません。

 


いつもご愛読ありがとうございます。

 

次回からは、人間関係を考えるときに、その根拠となってしまう「人の観方」について3回に渡ってお届けしてまいります。

 

今回は単発ですが、メルマガでは複数回にわたって、メールレクチャー的に深い内容をお届けしていきますので、友人知人様にも興味がありそうな方がいらっしゃったらご紹介くださいませ。

 

コメントや感想などはそのままこのメールに返信くださいませ。

 

お待ちしております。

 

また、講演依頼なども先ずは一度軽く相談してみてください。

 

このメールへの返信は、私も直接見れるアドレスへ届きます。

 

・-・-・-・大照個人セッション・-・-・-・

対面、電話、Skypeどれでも受付けております。

こちらのページからお申込みください
http://communications.jp/program/counseling/


・-・-・-・ リンク集 ・-・-・-・

心匠による心理教育コース(どなたでも受講できます)

心匠のイベント情報

心匠 上野大照 Facebookページ


・-・-・-・友達に紹介する・-・-・-・-・

このメルマガを他の人にご紹介いただける場合は、下部のメルマガ登録画像からリンク先のページをご紹介下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です