自分らしさを大切に

 | ,  |  | 0

小さな頃、私は壊れた目覚まし時計とドライバーを渡しておけば、しばらく静かに一人で遊んで居たようです。

 

私にその記憶はないのですが、今でもその性質はわかるような気がします。

 

物が何で構成されているのか、気になるところはきっと変わらないのでしょう。

 

今でもエレベーターがスケルトンで歯車がよく見えるのを見ると、

 

「全部こうやって繋がりあって動いてるのか」

 

と、無性に面白さを感じてしまいます。

 

何かに行き詰まると、人は他の人はどうしてるんだろうと、他の人の情報を得ようとする傾向があります。

 

少なくとも私にはそういうところがあります。

 

しかし、いつも帰ってくるところは自分らしさ。

 

自分は何かがうまくいっている他人のようにはなれません。

 

もし、何かがうまくいっていないなら、そこにはワクワクが足りないんじゃないかと、思ってみたら良いと思います。

 

できればワクワクできるものを選ぶ。

 

それが無理ならワクワクできるやり方を選ぶ。

 

そしてワクワクできる人と話す。

 

ワクワクは心の栄養。

 

そして心のエンジンです。

 

ワクワクしていない止まった心のまま、何かを動かそうと思っても、心の投影であるこの世界はなかなか動かないものなのでしょうね。

 

貴方は今何にワクワクしてますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です