朝の瞑想

 | ,  |  | 0
朝の瞑想
静かなまだ暗い春の朝。
 
心静かに、自分の内側を眺めてみる。
 
さて、今朝の自分からはどんな想いが感じられるか。
 
ある意味とても楽しな時間。
 
自分の内側に居るその感覚。
 
その感覚との対話。
 
私の瞑想は時にそんな時間になる。
 
少し経つと、
 
『もうこのくらいでいいから、さっさとやることやったら?』
 
今日は、自分の内側がそう呟いた。
 
「そっか、じゃあ今日はそうしてみようかな。」
 
そんな内的な対話で今日は始まる。
 
聞こえてくる声は、特別なスピリチュアリティとも思わないし、もちろん啓示のように受け取る気もない。
 
「単に自分の過去聞いた言葉が、今という場面に編集されて出てきただけ」
 
いつも私はそんな風に内側の声を扱う。
 
湧いてくる想いに、何を選択していくのか。
 
その責任はいつも自分自身にある。
 
瞑想しながら、今日は何を選択して生きるのか、今大切なものは何なのか。
 
そんなことを考えた春の朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です