読者様の人生が好転していくことを願って、メルマガを書いています。

 

メルマガ登録用バナー

 

お読みいただいた方の心に癒やしと気づきがありますように。

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

何が人を不安にさせるのか

 | ,  |  | 0

人は、自身の心の音や言葉にとても敏感なようです。

 

それが気になり始めると、執着となり、ネガティブなループになってしまうこともあります。

 

時には自然の音に耳を向けながら、お過ごしいただけましたらと思います。

 

さて、今回は最近報道が激化している舛添都知事やベッキーの不倫報道などについて、心理専門家という立場から、人と生きる上で大切なことを書かせていただこうと思います。

 

※このコラムの最新記事は、メルマガにて配信させていただいております。ご興味をいただけます方は、ページ上下にある、メルマガ登録画像から、ご登録お願い致します。


―・― 今回の目次 ―・―

 

1.舛添都知事やベッキーは何をしてしまったのか

 

2.私たちが大切にすべきもの

 

★上野大照イチオシイベント


―・― 1.舛添都知事やベッキーは何をしてしまったのか ―・―

 

最近テレビをつけると、舛添要一都知事が毎日にように登場します。

 

内容は公費を私的に流用してしまっていたというものですね。

 

また、少し前にはベッキーと人気ロックバンドマンとの不倫報道が白熱しておりましたし、私個人的には五体不満足の著者乙武洋匡氏の不倫報道の方が気になってもおりました。

 

彼らは一体何をしてしまったのでしょうか。

 

そんなにテレビという媒体で国民的に責められなければならないようなことだったのでしょうか。

 

舛添都知事は政治家ですからわかりますが、他の方たちについては、どれくらい公共電波で公表されるべきものなのかは、私には判断つきません。

 

しかし、何がそこまで皆に言われることになってしまう原因だったのかについて、心理カウンセラーという立場からコメントさせていただこうと思います。

 

それは、「人は人に期待している」ということです。

 

人は意識・無意識に関わらず、社会に対し当人特有の「見せ方」をしています。

 

その見せ方は、受け取る人によっては「期待」となり、その見せ方通りの結果を見せてくれるものだと思わせることになります。

 

誠実な見せ方をしているなら、その誠実な生き方で自分たちに何か良い影響をくれると信じてしまいがちですし、逆にだらしない見せ方をしているなら、美しい見た目という点では期待しないということを相手に認識させます。

 

では舛添都知事やベッキー、乙武洋匡氏はどうだったのでしょうか。

 

この3人に共通しているのは、他に勝る好感度だったように思います。

 

舛添氏は政治について、汚いものを払拭していくと宣言し続けていましたし、ベッキーはまるで白一色のような幼いまま大人になった可愛さをアピールしていました。

 

乙武氏に至っても、重度の身体障害者として誠実に生きる様が、人々に勇気を与え、スポーツライター⇒都民文化栄誉賞受賞⇒小学校教員⇒東京都教育委員と、教育者としての地位を不動にしていきました。

 

だからこそ、3人はその見せ方に期待が高く、まるでそれとは反対の出来事に大衆が反応したのだろうと思います。

 

テレビ上で期待される人達だからこそ、テレビ上で騒がれるということなのでしょうか。

 

逆に同時期にカールスモーキー石井氏や狩野英孝氏なども複数人との熱愛報道が出ましたが、人生は波乱万丈を公言しているカールスモーキー氏、狩野氏に至っては笑いのネタにまでなっているということもあり、すぐに沈静化されましたね。

 

先に挙げた3人とは、まるで対照的な大衆反応だったと思います。

 

そう思うと、私たちが生きていく上で大切なことを彼らは教えてくれていると思うわけです。


-・- 2.私たちが大切にすべきもの -・-

 

それは普段、自分は何者だと表現しているのかということだと思います。

 

言葉として発言していること以上に、どのように見られているのかであり、日常の見せ方に人の期待が関わってくるということなのでしょう。

 

人は自然に他者に期待するものです。

 

その隠れた期待が、日々の人間関係にとても影響しています。

 

そう思うと、私は人に何を期待させているだろうかと捉え、生き方を問いかけるのも良いですし、逆に自分が期待してほしいように見せていくことも大切でしょう。

 

そして人に不満が生まれたときは、自分は相手に何を期待していたのだろうかと、問いかけてみるのも大切です。

 

相手への期待がわかれば、対処法も見えてきやすいものなのだと思います。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

いつもご愛読ありがとうございます。

 

コメントや感想などはそのままメルマガに返信いただくか、心匠上野大照のWEBサイト・コラム記事にて、コメント欄にご記入くださいませ。
とても励みになります。

 

お待ちしております。


-・- 上野大照によるカウンセリング・コーチングはこちらから -・-

※大阪近郊以外の方は、Skypeによるビデオ通話(無料)でもお引き受け致します。設定などにご案内が必要な場合は、このメールに返信やお電話でお問合せ下さい。

 

電話 06-6622-1550(オフィス・コミュニケーションズ)
※ご対応時間 10:00~20:30

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 大照主催 イチオシイベント

 

心の扱い方-心匠セラピスト養成コースプレセミナー

 

人の相談に乗るとき、どうやってその心を扱えば良いのか。

 

心理を扱う上での大前提を、実際に使える形に整え、修得いただける内容としております。

 

セラピスト養成コース受講をご検討の方もご参加下さい。

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

★ 単発参加可能なセミナーをご紹介

 

心匠 上野大照オフィシャルサイトの「セミナー」ページ

 

瞑想やコミュニケーション能力開発、セラピスト育成などがあります。

 

どうぞお好きなテーマをお選び下さい。

 

個人的に申込みたい方は、メルマガに返信いただくことでも問合せ可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です